03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

岬の茶屋より

2017.02.28 (Tue)



昨日、ある旅行雑誌の取材を受けました

この種の取材を受けるのは正直苦手なんですが

お声をかけて頂くことを「有難いこと」と

捉え、取材を受けることにしました

記者の方とカメラマンのお二人で訪問なされたのですが

我が家の取り組みの全てに驚かれ、さらには

「全てのクオリティの高さにびっくりした」

という、私たち夫婦にとっては最高の褒め言葉まで

いただきました

普段より、菓子工房、巡礼茶屋、サポート制のレストランと

三足のわらじで、日々奮闘していますので

毎日が無我夢中です

気が休まるのは就寝の時だけなので

そんな時に頂いた言葉は本当に有難いものでした

最近、歳を重ねると同時に肉体的、精神的疲れも

若い時とは比べものにならないほどのものに

なってきたので

少しばかり楽になった1日でした

やっぱり、人間って褒めることって大事なんですね。

スポンサーサイト
11:00  |  岬の茶屋より  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

岬の茶屋より

2016.11.17 (Thu)



最近、と言うより

震災以後

一生懸命や真面目を

バカにする人々が増えてきたように思う

何かを大きく勘違いしたのか

それを利用しようとする輩が増えたのか

「自由」「楽しく」「ゆるく」「自分探し」

などのキーワードをこの島でもよく耳にする

「人生を楽しく」などという事は

現実から目をそらさず

それと真面目に一生懸命向き合ってこそ

生きてくる言葉だと思う

謙虚、素直、感謝

そして真面目に一生懸命生きてこそ

「人生を楽しむ」ことにつながる

そして、諦めずにそれを続ければ

夢は現実になるんじゃないかな

とにかく一生懸命が一番ということ!
10:40  |  岬の茶屋より  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

岬の茶屋より

2016.11.16 (Wed)



ようやく寒くなったと思い

石油ストーブを出したら

なんだか調子がおかしい

ストーブ自体の問題なのか

灯油の問題なのか

不燃時の匂いと同じ

不快な臭いが常に漂う

そんなわけで島内で一番安い品揃えであろう

量販店へとストーブを見に行くことに

結果、新しいものを一台購入

思えば調子がおかしいものは16年も前のもの

仕方ないと言えば仕方ない

新旧入れ換えでこの冬よりまた新たなもので

心も一新してと思いきや

購入以来、暖かい日が続いています

当の新しいストーブは段ボールさえ

開けられておりません

写真はハンバーグオム

これからの季節にぴったりのメニューです。
13:05  |  岬の茶屋より  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

岬の茶屋より

2016.11.09 (Wed)



先日、5?歳の誕生日を迎えました

島に移住して第二の人生をスタートさせたのが

37歳の春

波乱万丈とはこういうことか!

という十数年でした

ちょっと古い言葉になりますが

まさしく

喜びも悲しみも幾年月

でも、一番苦しかったのは

子育てでも仕事でもない

島での人間関係

私たちの生活に理解を得られるどころか

誤解ばかりを受けたということでしょうか

それは今でも変わりませんが

悩んでも前に進みません

ただ、真面目に仕事に打ち込むだけ

自分たちの生業に誇りを持って

これからも島生活を続けていこうと

と考えています

さてと、お茶でも淹れて

娘から届いたチーズケーキでも

いただきましょうか

08:34  |  岬の茶屋より  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

岬の茶屋より

2016.11.02 (Wed)



全国放送の番組で取り上げられてから

よくオーダーを頂くようになった

マドレーヌセット

ありがたい話です

ただ、困惑したのが入店されるなり

「あれください!」

あれ??

「申し訳ございません、あれとは…」

「あっ、テレビと同じやつください」

今ではすっかり慣れましたが、ここは五島列島

全てではありませんが、一部本土で放送されたものが

数ヶ月後に放送されることがあります

今回の番組もその種のもので

いち早く放送された地域の方々が島に訪れ

我が家に来たということです

撮影の時はいろいろなものを提供したので

こちらとしては「テレビと同じやつ」といっても

さらに・・・???

電波より人々の移動による伝達の方が速いという

なんとも不思議な感覚にとらわれました。
11:21  |  岬の茶屋より  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

岬の茶屋より

2016.10.25 (Tue)



長女(27)が小さい頃に

大変お世話になったこの商品

久しぶりに見かけたら

パッケージが全く違うものに

それもそのはず

考えてみたらあれから

何年経ったことやら

作者のやなせさんもすでに他界

なんだか郷愁に誘われ

カゴの中に入れてしまいました

早速、明日の次女のお弁当に

入れてみましょう

喜ぶぞ
17:14  |  岬の茶屋より  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

岬の茶屋より

2016.10.24 (Mon)



長年、購読していた地方紙を

訳あってやめることになり

販売店に電話

丁寧にお世話になったことにお礼を言い

手続き完了

さて、新聞なしで通らない我が家としては

全国紙の販売店にすぐさま電話

さぞかし喜んでいただけると

心弾ませていると

なんだか電話の向こうが暗い

「あのう~すみませんがお宅様の

お住いの地域は配達対象外になっておりまし

て・・」

というわけで

新聞なしの生活が来月から始まります

電話の順番を間違えたかな

トホホ
16:46  |  岬の茶屋より  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

岬の茶屋より

2016.10.21 (Fri)



今年も芋の収穫は出来ずじまい

毎年必ず種芋は保管するのですが

植える時期を逃してしまうんです

気付くのは人様の畑を見てから

忙しいのか

のんびりしているのか

その気がないのか

いえいえ

本来は根っからの無精者でありまして

ここ三年はこの有様です

せめてものの慰めとして

観賞用のものを机に並べて

眺めております

15:14  |  岬の茶屋より  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |